杉村太蔵氏、国民一律10万円給付に「生活支援策としても景気支援策としても大反対」

ひげ
ひげ
ちょっと何言ってるか良く分かんないす。

杉村太蔵さん曰くその理由を「例えば私。今こうしてテレビで使っていただいている。生活に影響ありません。この私にですよ、うち家族5人ですから杉村太蔵に50万円」とし「一方で派遣切りにあった、収入が半分以下になった、そういう派遣の方は残念ながらなかなか結婚できない独り暮らしの方が多い。こういう方は10万円なんです。国民全員に配るのは公平なようで強烈な格差を生み出す」と持論を展開した。

ちーたろう
ちーたろう
はっ❗こいつ何言ってんの⁉️

格差ってなんでしょうか?一律給付以外に公平な方法ってありますか?例えばアメリカの場合。現金給付は大人1人につき最大1200ドル(約13万円)、17歳未満の子供には500ドル(約5万5000円)が支給される。個人の場合、年収7万5000ドル(約810万円)までが満額の1200ドルを受給できるが、そこから段階的に金額が減り、年収が9万9000ドル(1060万円)を超えるともらえない。また、子供なしの共働き家庭の場合、年収15万ドルまでが満額(2400ドル)で、19万8000ドルを超えるともらえない設定となっている。

ここまで区切っても絶対に、給付条件に合わない人は文句言いますよね⁉️

てか、公平さ何て我々庶民は鼻から求めてないんす。そんなん言い出したら、議員の給与うんぬんかんぬんになりますし。

今仕事したくても出来ない人や、仕事も消滅してしまう人。いわゆる納税している国民に一律配る以外の公平を教えて下さい。


今は公平や不公平は二の次で、出来るだけ多くの現金給付が先。


さっきも書きましたが、例えば派遣切りにあってしまって一人暮らしの人がいますと。その人は一律10万円は、格差を生むし不公平だと。

いやいやその人には悪いですが今現在結果的にそーなってしまった話ですよね⁉️その人のバックボーンまでも保証出来ないでしょ⁉️例えば何で今そーなったんですか⁉️真面目に若い時から勉強して、いい大学に行って、正社員になりました大手の。でも他にやりたい事を見つけました。勉強したいので正社員が中々休みも無く時間も無い。なので満を辞して退職して、今は派遣の仕事をしながら毎日勉強していました。そんな時のこのコロナで派遣切りに会いました。このままでは金銭的に10万円では辛いので、前回の所得が下がったら自己申請で30万円給付のが良かったです。この様な人と、

自分ずっと18才の時から派遣一本っす❗正社員とかダルいっす❗でもフリーターとかダサいっすやん⁉️でも今回で派遣切りにあったッス‼️

色んなバックボーンは人それぞれありますやん⁉️でもこの人らは一律10万円給付できっちり公平だと思うんですがひげは。

今は何が不公平て、やっぱり所得に応じて金額を変えるのが一番不公平だと思うんです。

それが出来たりするのであれば、もっと公平正を求めるのなら今まで納税した額で給付金を決めるのが1番だと思うんですひげは。

まず1つに納税している人達は一律10万円を一時的に給付でいいと思うんですよ富裕層も一般人も。まず第一に納税してきた人達は。

杉村さんの意見で行くと、金持ちには必要無いからもっと下の人達を助けて欲しいって事になりますが、さっきも言いましたが、結果論ねこれ。杉村さんが今現時点で生活に困っていなくて尚且つ5人家族やから50万円貰える。生活困ってないからの意見だと言うことで仮に困ってたらどーなん⁉️って言う水掛け論になりますよね⁉️

派遣切りで10万円だろうが、年金貰いながら給付受けようが、富裕層が給付受けようが、資本主義国家の公平さを表してますよ今回は。

一律給付の額を統一したのは大正解で後は貰った人間の自由であってその人その人に対して正当な額を議論するのが一番の間違いやと思います。

これが第一の矢であってこれから第二、第三と放つであろう矢で擦り合わせしたらいいだけで今はこれ上無い公平な判断だと思います。

ちーたろう
ちーたろう
今回はこんなくらいで許し足るわ‼️
1