2011年3月11日。あれから9年。2020年3月11日。

2020年3月17日


2011年3月11日。あの日に体験した事。


モス‼️ひげです。今日はあの3.11から9年後の3.11ですね。

あの日ひげは仕事で関東にいました。確か横浜と千葉に行っていた記憶があります。ただ運が良いと言ったら不謹慎なのか、午前中に仕事を終えて、震災発生時刻には、浜松くらいまで帰って来ていました。東名高速を走っている中、愛知県を走っている後輩と電話をしていたのを覚えています。

その電話で後輩がひげに言いました。「あれ⁉️何やろか⁉️何か信号機がめっちゃ揺れてます。信号待ちしてる人達が皆、頭押さえて転けたりしゃがんでるんですけど 笑。吉本新喜劇みたいなんすけど 笑。あれ⁉️めっちゃトラック揺れる‼️僕めっちゃ揺れとるっす‼️。」

ひげ「何なんそれ⁉️オレ全然大丈夫やわ。普通に走れとるけど、地震ちゃう⁉️怖いなー。」

その後すぐに電話の回線がパンクして連絡つかなくなりました。

後から分かったのですがひげの走ってた区域でも、かなりの震度やったみたいです。ただトラックの安定感か普通に走ってました。

後にその時間に茨城県にいたひげの先輩運転手から聞いたら、正に地獄みたいやったらしく、目の前の道が割れて陥没したり、信号機や家屋は倒壊し、帰り高速に乗るまでに、デコボコになったアスファルトの上を走り、倒れた家を泣きながら眺める家族とか、来た時とは別世界みたいになってたみたいです。

そしてこの災害は、地震もそーなのですが、甚大な被害とこれからの課題となった、エネルギー問題の幕開けの様な事がおこりましたよね。

安全と思われていた原発によって。


あれから9年。福島原発ってどーゆう状況で終息しつつあるのか。


あの震災が起こった後と言うのは、毎日その震災の状況もさる事ながら、原発の安全性。必要性。火力で十分。元々要らなかった。この押し問答や東京電力の対応を毎日見ました。

あの原発事故によって多大な負債を抱えた東京電力は、今では半国有化されましたよね。

あれだけの規模の被害があったらそーなりますわ。

今現在の福島原発の上空からの写真です。このずらっと並んでいる丸いタンクには、今尚メルトダウンした福島第一原発に、降る雨や大量の地下水が汚染され、その汚染水の汚染を取り除いた水が入っています。日々、年々処理の仕方。廃棄の仕方が国会で未だ確信的に決まらないので、敷地が許す限りに増えていっています。

ひたすら浄化を繰り返してタンクに貯蔵。

今現在はこれしか手段が無いので仕方ないですよね。最終的には大気に放出するか海に垂れ流すかしかないみたいすけど、どっちにしても、世界的な安全基準値以下らしいので、何ら問題は無いのですが、中々処理の仕方が前に進まず、多分やってみたらこれが普通の話になるだけで、今のコロナと同じで、前例が無いので、世界的に処理の仕方のボーダーラインを作る作業なので、とても慎重なんでしょうね。

ただ2022年には敷地がギブアップ見たいっす。


少しずつでも前に進むしかない気持ちと後悔。


ひげはまだこの様な大きい地震や災害を身を持って経験した事ないです。

でも誰でもしてるやろけど頭の中でシュミレーションするしか出来ませんが。

ひげ自信の考えなんですけど、あの時、何で、最悪や、だから辞めとけば良かったのに、逆にやっとけば良かった。後悔の念と前に進む気持ちっていつも心の中で、葛藤してしまいます。

前向きになればなるほど後悔は消え、後悔すればするほど前に進めません。

でも、前に進まないとあかんのや‼️って思いながら生きていくしか無い中で9年。凄いパワーなんやろなって尊敬します。

今も尚196人の行方不明の方も居ます。

やっぱりあの震災は終わる事ないんやなって毎年思いながらひげの中で風化しない様に前に進みたいです。

1